フレッツ光とは?そのメリットとデメリットも紹介しよう

時間:2024-05-20

フレッツ光を聞いた人は多いでしょう。具体的にそれは何を指すのかわからない人もあるでしょう。本記事ではまずフレッツ光とは何かについて説明し、そしてフレッツ光を利用するメリットとデメリットを紹介します。最後に集合住宅向けに設計されたRuijie LitePonプランをおすすめします。


1 フレッツ光とは

フレッツ光とは、日本電信電話株式会社(NTT)が提供した光回線インターネットサービスです。これは高速のインターネット接続を提供するブロードバンドサービスであり、光回線ネットワークを通じてデータを送信し、ユーザーに安定した高速インターネットが体験できます。


フレッツ光は、高速インターネット接続、高画質ビデオ、ネット電話などの機能を提供し、家庭ユーザーからビジネスユーザーまで最適です。このサービスは日本で広く使用されており、日本の家庭及びビジネスユーザーにとっての主要なインターネット接続の方法の一つとなっています。


NTTは、ネットワーク技術とサービス品質を継続的に改善することにより、ユーザーの増大するネットワークニーズに応える新しい製品とサービスを発表し続けています。フレッツ光は、NTTの光回線インターネットの商品として、広くユーザーに認知され、好評をいただいております。


2 フレッツ光のメリットとデメリット

フレッツ光を使用する時にはどんなメリットとデメリットがありますか。これからその利点と欠点について詳しく説明します。


2.1 フレッツ光のメリット
フレッツ光のメリットをまとめてみると、主に以下の三つの点があります。

①信頼できる大手企業。フレッツ光はNTTが提供している回線で、NTTグループは日本電信電話公社が民営化されたことによって誕生し、日本有数の巨大企業グループです。ユーザーは大手ならではの安心感があり、安定した環境でインターネットを活用できることが分かります。


➁カバレッジが広い。フレッツ光は、広範囲をカバーしており、ほとんどのユーザーのインターネットを利用するニーズを満たすことができます。北は北海道、南は沖縄まで利用できるため、離島や山間部にお住まいの方でも安心です。


③多様なサービス。フレッツ光は、インターネットサービスだけでなく、ネット電話やネットテレビなど、さまざまな機能を提供し、ユーザーの多様なニーズに応えます。


2.2 フレッツ光のデメリット
フレッツ光を使用する時の欠点は以下の三つの点を取り上げられます。

①独自回線より速度が遅い。フレッツ光の実効速度は自社回線(自社の光回線通信網を使用)より遅くなります。最高速度が1Gbpsと速いように見えても、実際に遅くてあまり意味がありません。


➁契約が必要だ。フレッツ光回線を使用するために2~3年の契約が必要です。フレッツ

光を2年以内に解約すると、基本的に9500円の解約金が発生します。また、フレッツ光を解約する場合はプロバイダの解約も必要です。フレッツ光を解約する場合、プロバイダー契約の解約を忘れると月額料金が発生する場合がありますので必ず手続きをしなければなりません。フレッツ光に申し込む前にプロバイダ契約を解約しておくと安心です。


③料金が高い。フレッツ光は光回線の契約の月額料金の他に、プロバイダ料金がかかります。そのため、光回線とプロバイダが一体化している光回線に比べると高く感じられるでしょう。料金を合計すると、月額は5000~6000円で高いです。


3 Ruijie LitePonプランのおすすめ

以上をまとめると、フレッツ光は、信頼できる大手企業から提供し、カバレッジが広い、多様なサービスがあるといったメリットがある一方で、独自回線より速度が遅い、契約が必要で、料金が高いであるなどのデメリットもあり、ユーザー自身のニーズや実情を考えながら選ぶ必要があります。ここでおすすめなのはRuijie LitePonプランです。


Ruijie LitePonプランは中小ISP集合住宅に向けています。伝統的なイーサネットLANプランに比べて、低コストで、設置しやすい利点がある。高性能2.5Gが入居し、ISPのより高いARPUの増収を支援する。ISPシーンに対して設計された小容量、

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面