アクセスポイントとは?その同時接続数は何台くらい?

時間:2024-05-20

日常生活の中で、私たちはインターネットを利用するときにアクセスポイントを使うことがよくありますが、このアクセスポイントはいったい何なのでしょうか。どのように動作していますか。最大どれだけのデバイスを同時に接続できるのでしょうか。本記事では、まずアクセスポイントとは何かについて解釈し、次に異なる種類のアクセスポイントの同時接続数について説明します。最後に使いやすいアクセスポイント設備をお勧めします。


1 アクセスポイントについて

日常生活でインターネットする時、アクセスポイントを利用することが多いですが、アクセスポイントとは何なのかわからない人も多いでしょう。これからアクセスポイントって何か説明して、それとルーターとの相違点も紹介しましょう。


1.1 アクセスポイントとは

アクセスポイント(access point)はWi-Fiの電波を送受信して、ルーターとデバイスをつなぐ役割をする機器のことです。パソコンやスマートフォンなどの端末とルーターをWi-Fiの電波で接続し、そしてインターネットに接続することができます。アクセスポイントも無線AP、APと略称できます。


ほとんどの無線APは、マルチユーザーアクセス、データ暗号化、マルチレート送信などの機能をサポートしており、一部の製品は、より完全なワイヤレスネットワーク管理機能を提供しています。家庭やオフィスのような小規模な無線LANでは、一般的に1台の無線APだけですべてのコンピュータの無線アクセスを実現することができます。


1.2 ルーターとの相違点

ルーターも無線APも端末をネットワークに接続することができますが、両者にはどのような違いがありますか。ルーターと端末をつなぐための機器無線APと違って、ルーターは複数の端末をインターネットに接続するための機器です。ルーターと無線APにはそれぞれ異なる機能があります。ところが、最近ではアクセスポイントとルーターの両方の機能を持った無線LANルーターという機器が多く利用されてきました。


2 家庭向けと法人向けのアクセスポイントの同時接続数の違い
使い場所によって、無線APは家庭向けと法人向けに分けられます。
家庭向け無線APは一般の家庭で使われ、多くの端末が同時接続することを想定していないため、同時接続台数は少なくて、20台程度の同時接続が一般的です。セキュリティに関して、法人向けと比べて簡易的な認証方式を使っている傾向があります。

それに対して、法人向け無線APは企業や会社で使われ、数十台以上の同時接続を想定しており、製品によっては100台以上の端末の同時接続も可能です。ユーザーの数ではなく、接続されているデバイスの数が要因となるため、ラップトップだけでなく、仕事で使用するスマートフォンやタブレットも Wi-Fi に接続する場合は、これらのデバイスの数もカウントすることに注意が必要です。セキュリティにおいて、多くのお客様の個人情報を扱うから、家庭用のものと比較してリスクの低いより強固な認証方式を使用しています。


3 Ruijie Wi-Fi 7無線AP RG-MA3511のおすすめ

家庭向け無線APは接続台数が少ないですが、導入費用が法人向けより安いです。法人向け無線APは導入費用が高いですが、接続台数が家庭向けより多いです。では、接続数が多いだけでなく、導入費用が安い無線APはありませんか。


ここで、おすすめなのはRuijie Wi-Fi 7無線AP RG-MA3511です。集合住宅向けの設計で、前の両者の長所を兼ね備えています。
Ruijie Wi-Fi 7 無線 AP RG-MA351は、プラグイン可能な設計で、日本の集合住宅向けに設計されており、メインデバイスのMeshと相互運用した後、20秒以内にネットワークに接続できます。アパートISPのエンジニアリングコストを大幅に削減します。理論上の最大速度3.57Gbpsをサポートし、MLO、MRU、Preamble punctureなどのWi-Fi 7 機能を持っています。高帯域幅・低遅延のネットワークを提供します。ユーザーは高解像度のビデオやオンラインゲームを楽しむことができ、ネットワークの問題をリモートで特定できるため、顧客の運用と保守のコストが削減さ

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面