フレッツ光のマンションタイプとは?その月額料金はいくら?

時間:2024-05-20

フレッツ光はお住まいによってファミリータイプとマンションタイプに分けられます。では、そのマンションタイプとは何ですか。本記事では、まずフレッツ光のマンションタイプについて紹介します。そして、マンションタイプを使用する時の料金を詳しく説明します。最後にRuijie LitePonプランを勧めてその理由も述べます。


1 フレッツ光のマンションタイプとは

フレッツ光はお住まいによって戸建て向けのファミリータイプと集合住宅向けのマンションタイプに分けられます。その中で、フレッツ光のマンションタイプとはマンション内にフレッツ光の屋内設備を設置し、光回線を当該設備に接続し、建物内の配線を用いて当該設備から各住宅にインターネットを提供する方式です。


ただし、マンションタイプを使用するためには、マンション内の公共空間にフレッツ光デバイスを設置する必要があるため、マンション内に住んでいても、ファミリータイプを使用することができます。


2 フレッツ光のマンションタイプの料金

フレッツ光マンションタイプの料金はフレッツ光の月額料金のほかに、プロバイダー月額料金も必要です。また、フレッツ光の初めての使用者には初期工事費用がかかります。これからそれぞれ詳しく説明します。


2.1 フレッツ光のマンションタイプの月額料金を決める条件
①契約が見込める世帯数。まずフレッツ光マンションタイプの月額料金は、契約が見込める世帯数によって、三つのサービスメニューに分けられます。各プランは以下の表に示すようです。
ミニ
同一の集合住宅などで4以上の契約が見込まれる場合
プラン1
同一の集合住宅などで8以上の契約が見込まれる場合
プラン2
同一の集合住宅などで16以上の契約が見込まれる場合

➁マンション内の配線方式。また、月額料金は配線方式によっても変わります。その配線方式は光配線方式、LAN配線方式とVDSL配線方式に分けられます。光配線方式は棟内に光ファイバーを用いて各戸まで接続する方式で、LAN配線方式はLAN配線を用いる方式で、VDSL方式は棟内にある既存の電話回線を用いる方式です。


③東日本あるいは西日本。さらに月額料金は利用場所が東日本か西日本かによって決まります。フレッツ光の運営会社はNTT東日本とNTT西日本に分かれており、サービス名は同じであっても月額料金が異なります。


2.2 フレッツ光のマンションタイプの月額料金のほかの費用

①プロバイダー料金。フレッツ光でインターネットを利用するには、光回線契約とは別にプロバイダーの契約が必要になります。フレッツ光の提供プロバイダーは300社以上もあり、月額料金やサービス内容もそれぞれ違います。フレッツ光とプロバイダーのそれぞれで契約をしなければいけないので、結構面倒です。つまり、毎月のインターネット利用料は、フレッツ光の料金とプロバイダー料金の合計です。


➁初期工事費用。フレッツ光の初めての使用者である場合、基本的には初期費用がかかります。初期費用というのは、契約料と初期工事費です。契約料は880円なのですが、初期工事費は最大22,000円となり、工事の内容により金額が変わります。


3 Ruijie LitePonプランのおすすめ

以上からわかるように、フレッツ光の世帯カバー率は日本の約99%の地域をカバーしているが、ユーザーが最も関心を持っている使用料金は、高価であるだけでなく多岐にわたって、初めて利用する人にはちょっと複雑です。その上、集合住宅の場合の光回線工事も面倒です。ここで、Ruijie LitePonプランをおすすめします。フレッツ光マンションタイプより二つのメリットがあります。一つは使用料金が安くて、そんなにお金はかかりません。二つは設置しやすい点です。


Ruijie LitePonプランは中小ISP集合住宅に向けています。伝統的なイーサネットLANプランに比べて、低コストで、設置しやすい利点がある。高性能2.5Gが入居し、ISPのより高いARPUの増収を支援する。ISPシーンに対して設計された小容量、ポート、クラウドツーエンドの管理は、他のPOLプランとは異なる点です。

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面