賃貸マンションに光回線の導入を検討中?注意点やメリット・デメリットを解説

時間:2024-05-17

光回線は、通信速度が速いことで賃貸マンションやアパートのインターネット配線方式としてよく採用されています。ただし、光回線はすべての種類の建物で配線可能なわけではありません。この記事では、賃貸マンションで光回線を導入する前に、知っておいたほうがいい回線の選び方や、光回線を導入する注意点、メリットとデメリットを紹介します。


1 賃貸マンションのインターネット回線の選び方

賃貸マンションのインタネット回線を選ぶ際に、以下の3点に基づいて検討することができます


・回線品質

回線の品質を重視するなら、速度と安定性がより優れた光回線がおすすめです。


・料金

回線によっては、工事を行う必要性があります。その際に、工事費が発生するので注意してください。また、毎月の月額利用料に加えて、オプションを追加する際の追加料金も合わせて比較する必要があります。


・物件自身とエリアの利用条件

賃貸マンションのインターネット回線を選ぶ前に、物件自体が検討中の回線に適しているかどうかを確認しておきましょう。マンションやビルによっては光回線に対応していない場合もあります。


2 賃貸マンションに光回線を導入する際の注意点

賃貸マンションに光回線の導入を検討している場合は、管理者と住戸の便利を考慮するよう、以下の注意点をチェックしておきましょう。


・工事中は立会いが必要の場合がある

光回線を配置するための工事中は、各部屋に住んでいる入居者や物件管理者、大家さんと立会いすることがあります。


・工事が一回で終わらない場合がある

建物等の状況によっては、回線工事だけでは住戸内に光回線を引き込むことができず、住戸内での内部工事が必要となる場合があります。この場合、物件の回線工事が完了した後、内部の配線工事の日程を検討します。複数回の工事が行われる場合がありますので、インターネットを利用できるようになるまでに時間がかかる場合があります。


・建物に穴あけ作業が必要

工事中に建物の外壁に小さな穴を数カ所開ける必要がありますので注意してください。


3 賃貸マンションに光回線を導入するメリットとデメリット

続いて、賃貸マンションに光回線を導入するメリットとデメリットもいくつか紹介しましょう。


3.1 賃貸マンションに光回線を導入するメリット
賃貸マンションに光回線を導入すると、以下の利点があります。

・上り下り1Gbpsの高速通信を実現できるので、高画質な動画やオンラインゲームも快適に楽しめる


・電波干渉を受けず、距離や場所の影響を受けにくく、通信が安定する


3.2 賃貸マンションに光回線を導入するデメリット
一方で、賃貸マンションで光回線を利用するには以下の残念なところもあります。
・光回線の月額料金はほかの回線に比べて少し高い
・すべてのエリアと建物で光回線を利用できるわけではない
・工事が施されるため、工事費が発生し、複数回の立会いをするひつようがある

・申請からインターネット利用開始まで1ヶ月かかる場合があるので、一定時間内でインターネットを利用できない


4 賃貸マンションに光回線を導入することが難しい場合の解決策

前に紹介したように、賃貸マンションに光回線を導入するには、いくつかの注意点と制限があります。光回線を配置したら、高速な通信速度でインターネットにアクセスできますが、複数回の立会いで管理者と住戸に大きな負担をかけます。また、一部エリアや建物では光回線の導入条件を満たさない場合もあります。


このような悩みを持っている物件管理者のために、Ruijieは建物既存の電話回線を利用した革新的なネットワークソリューション「G.hn既設電話配線を利用した高速ネットワークソリューション」を提案しています。このソリューションでは、光回線のように工事をする必要がなく、電話回線スイッチング装置を建物と各部屋に設置するだけで、即時インターネットの利用を開始できます。
また、Ruijie独自の技術により、G.hn既設電話配線を利用した高速ネットワークソリューション実装後の最大通信速度を1.7Gpbsまで上げることができました。将来的には、周波数帯域の増加とともに、最大通信速度を4~8Gbpsまで伸ばすと予測されています。ソリューションの詳細をもっと知りたい方は、ぜひ特設サイトご覧いた


お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面