フレッツ 光 Wi-Fi アクセス とは?重要な知識についての説明

時間:2024-05-21

フレッツ 光 Wi-Fi アクセスとは、日本のNTTが提供する商品名で、高速な無線局域ネットワーク(Wi-Fi)サービスのことを指します。このサービスを利用すると、高速データ通信ネットワークを通じて、Wi-Fi対応のデバイスが高速で安定したインターネット接続を実現することができます。近年以来、NTTがこのサービスが終了することについての情報を出し、それでは、フレッツ 光 Wi-Fi アクセスは具体的にどんなものか、サービスを終了する原因は何か、今日はこれについて詳しく紹介したいです。


1 フレッツ 光 Wi-Fi アクセスとは

フレッツ 光 Wi-Fi アクセスはNTT日本が提供するフレッツ光ネットワークサービスの一部として、アパート等の小規模集合住宅に向ける無線局域網(Wi-Fi)アクセスポイントを指します。


ユーザーは、指定されたエリア内で無料または割引価格でWi-Fiネットワークに接続することができます。それだけでなく、フレッツ 光 Wi-Fi アクセスは多くの場所で利用できる便利なインターネット利用の手段でもあり、「フレッツ・スポット」を利用可能なエリアにおいてもインターネットへ接続することができます。


なお、フレッツはFLET’Sということで、FはFlatからとり、定額料金という意味です。また、英語のFriendlyとFlexibleと関係があり、ユーザーにフレンドリーな体験を提供するために柔軟なサービスを提供しているという。


2 フレッツ 光 Wi-Fi アクセスのメリットとデメリット
2.1フレッツ 光 Wi-Fi アクセスのメリット
フレッツ 光 Wi-Fi アクセスを利用すると、大容量のデータや高質量の音声・画像を快速に送信・受信することができます。なお、工事が不要で、家中のどこでも利用することができます。

また、複数台の機器が接続しても安定です。さらに、回線をご利用可能接続が不安定した場合は、自動的にモバイルネットワークへの切り替えが行われます。


それだけでなく、家にフレッツ 光 Wi-Fi アクセスがあれば、スマホやタブレットのデータ使用量を気にせずに家族みんなで利用することができます。スマホのデータ使用量を消費しないので、スマホの料金を節約することもできます。


2.2フレッツ 光 Wi-Fi アクセスのデメリット

フレッツ 光Wi-Fiアクセスの最大伝送速度は上り最大100Mbps、下り最大200Mbpsですが、ただの理論的な最大値であり、実際の使用時の速度ではありません。


利用者の位置やネットワークの状態等の因素によって、例えば、強い磁界、静電気、電波障害が発生する場所で速度が遅くなるかもしれません。


フレッツ 光 Wi-Fi アクセスを利用できる地域が特定されている場合があり、利用者が地域外に行く際には利用できません。また、利用料金が発生する場合があります。具体的な料金は、利用者が利用するサービス内容や利用時間などによって異なります。


3 フレッツ 光 Wi-Fi アクセスの終了とソリューション

近年以来、NTT東日本とNTT西日本が提供するフレッツ 光 Wi-Fi アクセスが終了することについての情報を出しました。

サービス終了の理由は、技術的な進化やビジネス戦略の調整によるものである可能性があり、また、利用者のニーズや市場の変化に応じたサービスの更新や改善が行われることが一般的です。


前にも提出したように、フレッツ 光 Wi-Fi アクセスは配線工事が不要で、利用することが便利ですが、使用時の速度が限定で信号の品質も保証できませんというデメリットがあります。その問題を解決するため、後継となるソリューションが必要になりました。


工事も簡単で、コストをを大幅に節約し、また高品質なインターネット体験も保証できるRuijie Wi-Fi 7 AP RG-MA3511シリーズとRuijie LitePonソリューションがおすすめです。


Ruijie Wi-Fi 7 AP RG-MA3511シリーズは、日本のアパート向けに設計されており、プラグ可能な設計を持って、プラグを差し込むとすぐに使用できます。またメインデバイスとしてのmeshとの相互運用し、20秒以内の完全なインターネットを建築することができます。工事が不要で、高い便利さを持っています。それだけでなく、ユーザーが自分でコントロールでき、アパートのISP(Internet Service Provider)のエンジニアリングコストを減少します。


さらに、最大理論速率の3.57 Gbit/s、MLO、1 MRUなどの Wi-Fi 7 機能もサポートしています。高帯域幅と低遅延のネットワークを提供し、ユーザーは高画素のビデオやオンラインゲームを楽しんだり、ネットワークの問題をリモートで操作したりすることもできます。


また、Ruijie LitePonソリューションも、中小規模のISPアパートに向け設計されており、従来のローカル・エリア・ネットワークと比較して、低コストで展開が容易な優勢を持っています。なお、高性能な2.5G宅配により、ISPのARPU(ARPU-AverageRevenuePerUser)増収を実現することができます。ISPアパートに向け設計された小型という特徴、ポート、またクラウドへの管理は、他のPOLソリューションと比べるとやはり先進です。


フレッツ 光Wi-Fiアクセスはアパート等の小規模集合住宅に向け、工事が不要で、家中のどこでも利用することができますが、最大伝送速度が利用者の位置やネットワークの状態等の因素によって、速度が遅くなるかもしれませんというデメリットがあります。

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面