APとは? Wi-Fiルーターとどんな相違点がある?

時間:2022-09-02

「AP」は「アクセスポイント」の略称です。皆さんはWi-Fiに接続したい時、たまには「アクセスポイントに接続できません」という表示が出てくるという経験があるでしょう。こういうエラーを処理して、Wi-Fiにつなぐためには、「アクセスポイント」を理解した方がいいと思います。また、Wi-Fiルーターと違いは何なのか?これからご紹介します。

 

1.「AP」の定義

「AP」は有線LANと無線LANの間での渡り橋で、ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)を形成するためのコアデバイスです。つまり、無線LAN機能が付いたパソコン、携帯電話などを有線LANにつなぐための装置です。

APには、認識用の固有文字列「SSID」が分配されています。繋ぎたいSSIDを選んで、暗号化キーを入力したら、Wi-Fiに接続できます。

 

2.「AP」の機能

2.1 WDS機能

ワイヤレスホットスポット配信システムであるWDSは、ワイヤレスAPとワイヤレスルーティングの特殊機能です。つまり、APのリレーとブリッジ機能であり、2つの無線デバイス間の通信を実現でき、信号を増幅する役割も果たします。製品のSSIDも異なる場合があります。

 

2.2 ワイヤレスAPの機能

 

2.2.1 リレー中継

中継はAPの重要な機能の一つです。リレーは2つのワイヤレスポイント間のワイヤレス信号を増幅して、リモートクライアントがより強力なワイヤレス信号を受信できるようにすることです。

 

2.2.2 ブリッジング

ブリッジングとは、2つのエンドポイントをリンクして2つのワイヤレスAP間のデータ伝送を実現することです。2つの有線LANを接続する場合は通常、APを介してブリッジすることを選択します。WDS機能のないAPは、ブリッジング後の2つのポイントでワイヤレス信号カバレッジがないことに注意してください。

 

2.2.3 マスタースレーブモード

このモードで動作しているAPは、メインAPまたはワイヤレスネットワークカードやワイヤレスモジュールなどのワイヤレスルーターによってワイヤレスクライアントと見なされます。APのクライアントはマルチポイントであり、ワイヤレスルーターまたはメインAPは1ポイントです。この機能は、無線LANと有線LANの接続によく使用されます。

 

3.「AP」と「Wi-Fiルーター」の違い

3.1 単純型の「AP」ワイヤレス「AP」

ワイヤレスAPには、無線信号伝送の機能しかありません。その動作原理は、ツイストペアを介してネットワーク信号を送信することであり、ワイヤレスAPのコンパイル後、電気信号は無線信号に変換されて送信され、ワイヤレスネットワークのカバレッジを形成します。一般的に、ワイヤレスAPの最大カバレッジ距離は400メートルに達する可能性があります。

 

3.2 拡張型の「AP」

よく無線LANルーター(Wi-Fiルーター)と呼ぶものです。その名前が示すように、ワイヤレスカバレッジを備えたルーターであり、主にユーザーのインターネットアクセスとワイヤレスカバレッジに使用されています。ルーティング機能により、家庭用無線ネットワークでのインターネット接続共有を実現でき、ADSLや住宅用ブロードバンドの無線共有アクセスも実現できます。

 

3.3 外観

両者のインターフェースは異なります。単純なワイヤレスAPには通常、有線RJ45ネットワークポート、電源ポート、構成ポート(があり、インジケーターは少ないです。一方、ワイヤレスルーターには、上位のネットワーク機器を接続するためのWANポート以外、さらに4つの有線ネットワークポートがあります。当然、より多くのインジケーターライトがあります。


ruijie ap rg-ap850-l-jpv2.png

(RuijieワイヤレスAP RG-AP850-I-JPV2)

 

ruijie router rg-eg3230.png

(Ruijie Wi-Fiルーター RG-EG3230 )

 

一般的にWi-Fiルーターには無線APとルーティング機能を備えています。自宅がADSLまたは住宅用ブロードバンドの場合は、ワイヤレスAPではなくWi-Fiルーターを選択してネットワークを共有する必要があります。そして、自宅にルーターがある場合は、ワイヤレスAPを購入すればいいです。家庭ユーザーの場合はWi-Fiルーターを選択することを強くお勧めします。

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面