ADSLとは? 基本情報や通信速度を速くする方法

時間:2024-05-09

ADSLは、一般の電話回線を利用して高速データ通信を行う技術です。データ通信は電話の音声よりも高い周波数の信号を使用します。この記事ではADSLとは?ADSLの仕組み、通信速度、弱点などADSLの基本知識とADSLが終了後、Ruijie NetworksによるG.hn向け既設電話配線を利用した高速ソリューションを紹介します。


1 ADSLとは?
ADSLは、「非対称デジタル加入者線」を表す通信用語です。一般の電話回線においては、音声通話を行わない高周波のデータ通信方式を指します。ADSLが登場するまでは、ダイヤルアップ接続は主に音声通話と同じ帯域を使用しており、月々のプロバイダー接続料に加えて、インターネット接続時には音声通話と同じ通話料を支払う必要があり、大きな負担がかかりました。

こうした中、高速・大容量通信を実現できる方式としてADSLが登場しました。 ADSL が定額制の常時接続だったため、インターネットがより身近になり、どこにでも存在するようになったと考えられています。


2 ADSLの仕組み

ADSLは、音声通話に使われないさまざまな高周波帯域を利用して高速データ通信を可能にします。ただし、自宅の電話回線をコンピュータに接続しても、インターネットにアクセスすることはできません。


インターネットに接続するには、まず電話回線とスプリッターをネットワークケーブルで接続し、音声信号とADSL信号を分離します。次に、スプリッターとADSLモデムの間にケーブルを接続し、電気信号をPCが使用できるデジタル信号に変換します。パソコンにADSLモデムを接続し、プロバイダのサーバーにアクセスすると、LANケーブルまたは無線LANを介してインターネットに接続できます。


3 ADSLの通信速度

快適なネットワーク環境を構築するには、ある程度の通信速度が必要です。ストレスなくインターネットを利用したいなら、Webサイト閲覧なら3Mbps程度、高画質な動画視聴なら25Mbps程度の通信速度を確保しましょう。


通信速度には下りと上り2種類があります。特に注目したいのは、受信とダウンロードに必要なダウンロード速度です。インターネットに接続したときに「速い」と感じる理由は、ダウンロード速度に大きく関係しています。一方、頻繁にビデオや画像をインターネットにアップロードする場合は、アップロード速度に注意してください。


ADSLの通信速度は下り50Mbps、上り5Mbpsに達します。サービスによっては下り最大50.5Mbps、上り最大12.5Mbpsとなる場合がありますが、ADSLの場合は常に最大通信速度が出るわけではありません。その理由は、ADSLは基地局から離れるほど通信速度が低下しやすく、他の電波の影響を受けやすくなるからです。また、ADSLは回線にアクセスが集中するとつながりにくくなる特性があるため、利用者が多い場合には通信速度が大幅に低下する場合があります。


4 ADSL弱点

インターネット回線の主流がADSLから光回線に変わった理由は、ADSLが光回線に比べて遅延しやすい、通信が不安定になるなどの弱点があるためです。


4.1 光回線より遅い

ADSLの通信速度はISDNより速いですが、光回線と比べると非常に遅くなります。光回線の速度は下り最大1Gbpsです。また、最近のネットワークサービスは動画や画像など大容量のデータを使用することが多いので、光回線に切り替えることでよりスムーズにインターネットを利用できるようになります。


4.2 通信が不安定
先述したようにように、ADSLは基地局から離れるほど通信速度が遅くなり、他の回線や電波の影響を受けやすくなるという特性があります。例えば、電子レンジやラジオなどの電波を発する家電製品の近くにあるだけで、通信の遅延や中断が発生する可能性があります。ADSLはネットワークの混雑により速度が低下するなど、通信が不安定になるという問題もあります。

近年、企業ではテレワークが推進され、インターネット上で大量のデータがやり取りされることが多くなりました。時代に合った快適なネットワークで仕事をしたいなら、通信が不安定なADSLではなく、環境や状況に左右されない安定した通信回線を利用した方が良いでしょう。


ADSLサービスがまもなく終了します。閉じるとインターネットに接続できなくなります。 ADSLの代替として光回線の利用が推薦されていますが、再配線の難しさやコストの上昇などの問題があります。古いアパートやホテルの中には、元々の配管が細く、建設条件が不適切なものもあります。


RuijieのG.hn既設電話配線を利用した高速ソリューションは、既存の電話回線をそのまま活用し、既存の電話回線ケーブルを活用してギガビット帯域を実現することで、ネットワークの高速化、構築コストの削減、信頼性の高いインターネットサービスを提供します。


G.hn既設電話配線を利用した高速ソリューションはJaCSクラウドサービスと電話スイッチング装置(電話線スイッチング主装置および電話線スイッチング子機)から構成されます。G.hn プロトコルを使用すると、ホームの最大スループット レートは 1.7Gbpsに達します。宅内の電話線スイッチング子機はWi-Fi 6でインターネットアクセスの需要を十分に満たします。将来的には、周波数帯域を500MHzに拡大し、速度を4-8Gbpsに発展させ、新しい需要に柔軟に対応できるようにします。

まとめ


ADSLはアナログ電話回線を利用してインターネットに接続し、定額料金で高速通信が可能なことから普及当時は高く評価されました。ADSLサービス終了を機に、Ruijie NetworksによるG.hn向け既設電話配線を利用した高速ソリューショがお勧めです。

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて をご確認いただき、よろしければ「個人情報の取り扱いについて同意する」にチェックをして、内容を送信してください。
必須
確認画面