メッシュネットワークソリューション

マンションISPの埋込型AP信号不足問題を解消

お客様の悩み

ⅠCT市場調査コンサルティングのMM総研によると、2021年3月末時点の全戸一括型マンションISPによるサービス提供戸数は365.6万戸で、前年同月末比で50.5万戸の増加となり、2014年の調査開始以来、過去最高を記録しました。在宅勤務やオンライン授業などで固定インターネット回線の重要性が増すとともに、通信品質に対する需要が高まり、主に既築賃貸物件への導入が進みました。コロナ感染拡大が深刻化するなか、Ruijie NetworkはマンションISP会社の課題を解決できる製品やソリューションを相次いで発表しました。 ISP会社の既存顧客のフォローの効率向上と新規導入の両面で顧客開拓に貢献できるように力を尽くしてまいりました。

本ソリューションは2LDK以上の部屋では全体を信号カバーしきれず、ネットワーク信号が弱い課題を解決できるメッシュネットワークソリューションとなっています。

マンションISP業者

埋込型APの信号カバー範囲が不足ので、何か対策がありませんか。

埋込型APと屋内型APがMeshできない

マンションISPにおける埋込型APは、2LDK以上の部屋では全体を信号カバーしきれず、ネットワーク信号が弱い。

埋込型AP+屋内型APの組み合わせではMeshできず、ユーザーエクスペリエンスが悪い。

ソリューション

  • 屋内型APと埋込型AP

    マンションISPにおける、RG-MA2810とRG-MA2610のMeshネットワークをサポート。屋内型APと埋込型APのMeshより、マンションISPの信号問題を解決できます。

  • 屋内型APの間と埋込型APの間

    家庭&ホテルにおける、RG-MA2810の間またはRG-MA2610間のMeshネットワークをサポートし、配線の難しさと、信号範囲カバー不足問題を解決できます。

ソリューションによる価値

Meshネットワーク:

MAシリーズ製品(屋内型APと埋込型AP)相互のMeshネットワークをサポート。

ワンクリックでMesh接続を実行し、無線信号のカバー範囲を広げて、マンションISPの埋込型AP信号不足問題を解消するとともに配線工事を削減します。

お問い合わせ

クラウドプラットフォームの統一管理、遠隔制御をサポートし、運行とメンテナンスをより簡単にする

  • すべてのデバイスの状態を可視化管理と問題追跡を実現

  • Meshの連続状態の可視化管理を実現

  • Meshネットワークのレポートの出力を実現