設定ツールソリューション

作業負荷や保守管理員の負担を削減

本ソリューションはマンションISPやホテルのIT管理者は複数のAPをバッチ構成するため使用し、作業負荷や保守管理員の負担を軽減し、人によっての過失を減らし、構成効率を向上させることができ、操作員の安全を確保します。

伝統的な埋込型AP設定方法

伝統的な設定方式は、操作員が設備に対して1台1台別々で設定します。時間と人的資源の消費が高く、 人的ミスや安全問題にも発生しやすいです。伝統的な設定プロセスは以下の通り:

パソコン設定

複数の設定ファイルが必要、操作複雑、操作ミスの防犯機能がない

SN番号を手動入力

設定ファイルでのAP数は上限がある

AP電源入り

非POEタイプAP設備は強電を操作する必要がある

有効な安全体制がなく、一回は1台設備をオンにする

APとPC接続

自動的に接続設備を識別することをできない

一回は1台の設備を接続し、パッチ設定できない

設定開始

分かりやすく標識提示がない

ミス防止メカニズムがない

設定時間が長い

設定完了、繰り返す

分かりやすく標識提示がない

WEBGUIのみで設定結果を確認できる

通電のAPを閉じて、時間のロスになる

手間かかる作業を繰り返すしかない

安全かつ早いパッチ設定はできないでしょうか?

伝統方法

早いパッチ設定ができない

ミスしやすく、メンテナンスコストが高い

効率低く、時間と人的資源の消費が高く、サードパーティーに依頼する必要があり、コストも高い

非POEタイプAP設備は強電を操作する必要があり、安全性が低い

設定困難の問題をどうやって解決するでしょうか?

あるトップ会社のお客様の悩み

40W間以上のマンションを管理し、埋込型APを設置されていて、伝統方式でAPを設定しています。

APに対して一個ずつで設定し、毎回設定時間は10分ほどかかります。

1棟マンションは8階構造と考え、毎階8間の場合はトータル64台AP設備があります。11時間をかかって設定完了する。お客様年間200K台AP設備を購入し、平均毎月16666台設備を設定しなければならない。およそ3000時間完成し、内部チームの一手が足りなく、サードパーティーに依頼しなければならない。

簡単な作業を繰り返し、操作員にとってもミスしやすく、繰り返し確認する必要があります。

非POEタイプAP設備に対して、操作員が手動で銅線を操作し、かなり危険です。

設定ミスでアフターサービスコストは2-3万円に一回が必要。

設定困難の問題をどうやって解決するでしょうか?

RUIJIE設定ツールの違いは?

RUIJIE設定ツール

本ツールは複数のAPをバッチ構成するため使用し、作業負荷や保守管理員の負担を軽減し、人によっての過失を減らし、 構成効率を向上させることができ、操作員の安全を確保します。

  • PC
  • スイッチ
  • RG-AP180
    Ruijie設定ツール

設定ツールの価値

  • 効率的な構成

    ツール操作簡単、1つのファイルをインポートし、設備を接続した後ワンクリックで設定完了。操作手順はログがあり、ネットワーク未経験者でも操作できます。

    埋込型APにパッチ設定でき、時間コストと人的資源を節約できます。最大10台のAPを同時に設定でき、完成するまで5分間だけ、1人で操作可能です。

    APが接続すると自動的に認識でき、手動でSN番号の入力が不要、インポートファイル内の設備を継続的に接続すれば設定できます。インポートファイル内の設備は数量の制限がない。

  • 安全な展開

    ワンストップサービスを提供し、設定ツールと設定金具により安全で設定することができます。操作員は強電を直接に操作することは不要になります。

    一つの設定金具は最大5台のAPに電源を提供し、同時に数台の設定金具を利用して設定することは可能です。設定金具は小さくて、かつ放置しやすくて、オフィスでの使用は可能です。給電の操作も簡単であり、APを設定金具の上から下に押せば設置完了。

    設定金具のキー部品は替えられるタイプデザイン、かつLEDの標識により最大限で使用者の安全を守ります。

  • ハイフォールトトレラントレート

    設定ツールを利用してAPを設定する場合は、エラー防止メカニズムと提示があり、ヒューマンエラーを有効に防止することができます。

    設定ツールの操作はログがあり、ツールの画面で設定状況を把握することができます。また、エラーになった場合は設定することも可能です。

    設定ツールは手動でのSN番号の入力が不要、自動的にデバイスを認識でき、かつパソコンのネットワークインターフェースも認識でき、IPアドレスが不正解のネットワークインターフェースを選択された場合にエラーを提示し、最大限でヒューマンエラーを防止する。